ロモの『繰り返し使えるレンズ付きフィルム』を使ってみた。

2017 / 5 / 2

気軽にフィルム写真を始めてみたい、でも何を使えばいいのかわからない。せっかくフィルムカメラを使うなら他の人と一味違う写真を撮りたい。そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方におすすめできそうな、ロモグラフィーから発売されたこちらを買ってみましたのでレビューしたいと思います。

『繰り返し使えるレンズ付きフィルム』

なんじゃそりゃ?と思っていましたが、なるほどこういうことでした。

プラスティックレンズのチープな使い捨てカメラのような見た目。でも、フィルムの交換はできるみたい。だから『繰り返し使えるレンズ付きフィルム』

見た目はご覧の通りポップなお色。

今回使ってみたこちらはロモグラフィー400のモデルですが、他にロモグラフィー100のモデルと、モノクロのモデルがあります。

3種類のストロボ用カラーフィルターがあり、単体で使っても良いでしょうし、赤と青を重ねて紫色にしたり、いろんな色で遊べそう。

こちら、わかりにくいのですが、ボタンを押すと左端のぽつっと空いた穴から赤いライトが光り、フラッシュOKのサインが。

これはちょっと使いづらかったです、、フジの使い切りの方がわかりやすいといえばわかりやすいかな。

フィルム交換式ということで、撮りきったので開けてみました。

ちなみにこちら、空けてしまったら保証が効かないようになるそうです。

確かに普通の使い切りカメラといえば、お店でカメラ下部をイジってフィルムを取り出すのですが、こちらはどうやら普通のカメラと一緒で横開けのよう。

これはこれで ※注1ライトリーク 入らないのかな、、?と不安はありますが、撮ってみないとわかりませんね。

作例

20170502_170503_000420170502_170503_000220170502_170503_000520170502_170503_000620170502_170503_0003

フラッシュの使い方が途中までうまくわからなかったので、なかなかいい写真が撮れず、、残念です。

全体的に良かった点といえば、他のレンズ付きカメラとは大きく違うフィルター。これはなかなか楽しい!と思いました。ちょっとクセのある写真って堪りませんものね。赤が自分の中ではいい感じでした。

また、なによりやはり軽い!その上、加工しなくてもイイ雰囲気の写真が撮れる&現像してみないとどういうフィルターをかけたらどうでるかわからないワクワク感が有ります。

あと、ボディに色んな色があり好みの色が選べるのはOLYMPUS PENに通ずるなにかを感じました。生活に合わせたい!です。

悪かった点は使い勝手の悪さです。機能はシンプルで良いのですが、使い方が直感的に分かりにくいです。。。

例えば、フラッシュのOKがよくわからない、あと巻き上げが不良だったのか巻き切らずシャッターを押してしまう事が多々ありました。フジはフィラッシュのオンオフがわかりやすいので、対応していただけたらな、、と思います。

まとめ

見た目も写真もかわいい!お値段も¥1,680とお安いので、一度買って使ってみても良いんじゃないかなー。と思います。

※注1 光漏れのこと。おしゃれな感じになるのでわざとライトリークを入れるフォトグラファーもいます。

article written by @haitekudentaku

Pocket
LINEで送る